IMG_0985新しく走行距離が少なくので、

  • 整備する箇所が少ない
  • 老朽化した部品の交換がごく僅か
  • 消耗品の交換も少ない
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
初回車検では、やり方次第で、
車検費用を安く抑えられる
のがポイントです。

次ページ>>「初回車検の費用を安く抑えるには」

近郊の車検店の費用比較のページ ⇒ 「近郊の車検店を一覧検索&費用比較」
 
 

車検費用を安く抑える5つのポイント

  • ポイント1:不要な部品交換や整備を見極め、きっぱり断ること!
  • ポイント2:ディーラー車検はかなり割高、頼むなら注意が必要
  • ポイント3:走行距離や走行場所など、クルマの状態で車検店を判断
  • ポイント4:その次の車検まで整備を含めたトータル費用で考えること
  • ポイント5:24か月点検や保安検査などの料金が安い店を選ぶ

詳しくはこちら>>「初回車検の費用を安く抑えるには」
 
IMG_0847

クルマの状態別、どうするのがイイ? 初回車検

さて、ユーザー車検や格安車検、車検専門店や整備工場・ディーラーなど車検の選択肢はいろいろあります。初回車検を何処にどの様に依頼するのがよいのか? 選ぶポイントは、新車購入から初回車検までの3年間の走行距離や乗り方・クルマの状態により変わってきます。

走行距離が少ない場合(土日しか載らない場合など)
   ⇒ 安い費用が特徴の「ユーザー車検」・「格安車検」・「車検専門店」でもOK

日本では3年目の初回車検を迎え、走行距離も少なく良い状態ならば、大半のクルマはユーザー車検や格安車検・車検専門店の安い費用で出来る車検でもほとんど問題はありません。

走行距離が多い場合(仕事や通勤で長距離を走る場合など)
   ⇒ 整備が充実している「整備工場」や「ディーラ」での車検がベター

また、毎日の長距離通勤で使用するなど、走行距離が多い場合、消耗部品の交換や次の車検までの予防的な整備が必要なことがありますので、整備工場やディーラーの車検が良いでしょう。

クルマが痛みやすい状態の場合(雪道や悪路をよく走る場合)
   ⇒ しっかり修理や整備する「整備工場」や「ディーラ」での車検がおススメ

雪道を走る場合には融雪剤の塩分の影響があり、悪路を走る場合には下回りのダメージが予想されますので、この様な場合には、下回りの洗浄や錆止め塗装や損傷部の修理が必要なので、整備工場やディーラーの車検をおススメします。

車検だけ安く?orトータルでの費用を安く?

とにかく安く済ませたい

初回車検後のメンテナンスは自分でなんとかするとか、ほとんど車に乗ることはないなどの理由で、とにかく安く初回車検を済ませたい場合には・・・

初回車検後のメンテナンスを少なくしたい

オイル交換やブレーキパット交換など、その都度、メンテナンスを行うのは手間だし、出費もかさむので、初回車検の後のメンテナンスを極力少なくしたいなどの場合には・・・

次回(2年後)の車検まで安心して乗りたい

アレコレクルマの心配をするのはヤダ、クルマのことは全く分からないので任せたい、とにかくトラブル無く安心して乗りたいという場合には・・・

メーカー保証・整備保証付きがいい

せっかく車検を受けるのだから、整備保証付きでその後の想定外の出費を防ぎたいとか、トラブルの多い車種なのでメーカー保証を延長したいなどの場合には・・・

車検店選びに便利な一括見積サイト

近頃では、近所の数社の車検店から一括で車検費用見積をとり比較できるサイトがあります。まだ、全ての車検店が加入している訳ではありませんが、車検費用の相場も分るのでその他の車検店に依頼するときにも役立ちます。

関連ページ ⇒ 車検店の探し方

初回車検の基礎知識

初回車検とは

IMG_0978日本の公道を走るためには車検を受けなければなりません。初回車検とは、新車を登録してから受ける初めての車検のことであり、継続検査と呼ばれることもあります。クルマの種類や用途によって初回車検までの期間は異なり、初回車検までの期間が一番長いのが自家用乗用車で3年です。逆に、期間が一番短いのが緑ナンバーを付けた事業用自動車(タクシーや運送業者のトラックなど)で1年となります。

初回車検の特徴

初回車検の特徴として大きいのは、やはりクルマが新しいので、経年変化による部品の劣化が少ないということになります。もちろん、クルマの使われ方は様々ですから全く劣化がないとは言えません。ユーザーがクルマの下回りをぶつけていたりした場合は論外としても、クルマを使用する地域によっては、凍結防止剤などによる塩害の被害があるかもしれません。しかし、通常は消耗品の交換程度で済んでしまいます。

万一、消耗品以外の交換が必要になっても、メーカーの保障が効くことが多いのでディーラー等に相談してみるといいでしょう。ただし、保証書が無い場合や保証書と車検証の名義が異なる場合は対象外です。

また、初回車検時に一部の減税対象車の場合は、車検時にかかる重量税が減税になることがあります。これは国が定めた型式のクルマで一度も減税措置を受けていないクルマだけの特典です。

 
次ページ>>「初回車検の費用を安く抑えるには」

Comments are closed.

車検か?買い替えか?
<3年目までなら高く売れる!>

まだ新しく査定額が高い初回車検の時期に、新車に買い替える方も多くいます。

査定額は新車購入から3年を過ぎると急激に安くなる傾向があるので、3年目の初回車検まえに買い替える人も多いです。

参考までに無料のネット査定で現在の査定額を調べるのも、良いかもしれません。

       ↓ ↓ ↓

コンテンツ一覧
カテゴリー
  • カテゴリーなし