車検時点検する内容

①    原動機

エンジンオイルの量や著しいオイル漏れがないかの点検。ファンベルトなどのベルトに著しい亀裂はないかの点検。燃料漏れの有無。

②    動力伝達装置

トランスミッション・トランスファ・ディファレンシャル・ドライブシャフト・プロペラシャフトなどの点検。オイル量や著しいオイル漏れがないかの点検。ダストブーツに亀裂および損傷がないかの点検。

③    かじ取り装置

ハンドル・ギヤボックス・パワステ装置などの取り付け状態の点検。著しいオイル漏れがないかの点検。ダストブーツの亀裂および損傷がないかの点検。ホイールアライメントの点検。

④    制動装置

ブレーキパッドやシューの残量の点検。マスターシリンダー・ディスクキャリパー・ホイールシリンダーからの漏れはないかの点検。ブレーキパイプやブレーキホースに亀裂および損傷がないかの点検。ブレーキのきき具合。サイドブレーキのきき具合。

⑤    走行装置

タイヤの残り溝の確認。ホイールナットやホイールボルトの締め付け状態の点検。ホイールベアリングにガタがないかの点検。

⑥緩衝装置

ショックアブソーバからの著しいオイル漏れがないかの点検。取り付け状態の点検。

⑥    電気装置

バッテリーターミナルに損傷がないかの点検。スパークプラグなどの点火系統の点検。

⑦    その他

エキゾーストパイプおよびマフラーの損傷や機能の点検。ばい煙、悪臭のあるガス、有害なガス等の発散防止装置の点検。車枠および車体の緩みおよび損傷の点検。

 

車検時点検しない内容

車検はクルマが保安基準に適合しているかどうかの点検です。ですから、保安基準と関係のない部分は点検の必要はありません。

Comments are closed.

車検か?買い替えか?
<3年目までなら高く売れる!>

まだ新しく査定額が高い初回車検の時期に、新車に買い替える方も多くいます。

査定額は新車購入から3年を過ぎると急激に安くなる傾向があるので、3年目の初回車検まえに買い替える人も多いです。

参考までに無料のネット査定で現在の査定額を調べるのも、良いかもしれません。

       ↓ ↓ ↓

コンテンツ一覧
カテゴリー
  • カテゴリーなし