車検時の整備保証とは

整備工場やディーラーなどで整備付車検をした場合に、整備内容について一定の期間保証することを整備保証と呼びます。これは車検時の整備後のクルマの不具合に対して保証するものです。ただし、お店によって整備保証の内容は異なりますから確認しておくといいでしょう。また、整備工場が発行する整備保証書にも細かな条件等が記載されています。

 

整備保証の内容

整備保証の内容は、各整備工場が決めていますから内容はまちまちですから一般的な内容について説明します。ほとんどの場合、整備後6ヶ月もしくは1万キロ程度の保証です。当然ですが、これを超えてしまうと保証されません。また、保証の対象となるのは整備箇所のみとなります。整備付車検といってもクルマの全てを整備するわけではありません。そんなことをしていたらお金も時間もいくらあっても足りません。車検時の整備は、国土交通省が定めた点検項目に沿って整備が行われています。その他の部分に関しては保安基準に適合しているかの点検のみとなり、整備保証の対象外なのです。例えば、車検の次の日にブレーキランプの球が切れたとしても保証対象外なのです。では、どんな不具合なら整備保証なのでしょうか?それは一般のユーザーには判断が難しいかもしれません。なぜなら、どのような整備をしているのかを把握していないユーザーが多いからです。トラブルを防ぐためにも、整備内容を認識しておいたほうがいいでしょう。

Comments are closed.

車検か?買い替えか?
<3年目までなら高く売れる!>

まだ新しく査定額が高い初回車検の時期に、新車に買い替える方も多くいます。

査定額は新車購入から3年を過ぎると急激に安くなる傾向があるので、3年目の初回車検まえに買い替える人も多いです。

参考までに無料のネット査定で現在の査定額を調べるのも、良いかもしれません。

       ↓ ↓ ↓

コンテンツ一覧
カテゴリー
  • カテゴリーなし