初回車検の費用の内訳

車検を受ける場合、ユーザーが自ら運輸支局などに持ち込みをする「ユーザー車検」であれば、手数料と諸費用だけの支払いですみます。しかし、24ヶ月定期点検を含む「整備付車検」の場合は違います。点検整備費用+検査代行手数料+諸費用がかかります。

 

点検整備費用

点検整備とは、24ヶ月定期点検+日常点検+油脂類の交換+消耗品の交換を含みます。これら全てに費用がかかります。24ヶ月点検の内容についての説明は省きますが、日常点検の内容を簡単に説明します。日常点検とは、エンジンオイルの量や冷却水の量、ブレーキフルードの量に加えライト類の点灯状態の点検などなどです。日常点検は簡単に点検できる項目ばかりなので、日頃から行っていれば敢えて車検時に点検する必要はありません。しかし、乗りっぱなしという方は受けておいた方がいいでしょう。油脂類の交換とは、ブレーキフルードや冷却水などの交換です。消耗品の交換とは、ブレーキパッドやファンベルトなどの交換です。交換が不要であれば交換の必要はありません。

 

検査代行手数料

検査代行手数料とは、整備工場が国に代わって検査をする場合の手数料のことです。

 

諸費用

自賠責保険料+重量税+自動車検査登録印紙代を総称して諸費用といいます。自賠責保険に加入しないと車検は受けられません。また、クルマの重さに応じて重量税もおさめる必要があります。自動車登録印紙代とは、運輸支局に支払う手数料のことです。

Comments are closed.

車検か?買い替えか?
<3年目までなら高く売れる!>

まだ新しく査定額が高い初回車検の時期に、新車に買い替える方も多くいます。

査定額は新車購入から3年を過ぎると急激に安くなる傾向があるので、3年目の初回車検まえに買い替える人も多いです。

参考までに無料のネット査定で現在の査定額を調べるのも、良いかもしれません。

       ↓ ↓ ↓

コンテンツ一覧
カテゴリー
  • カテゴリーなし