メリット

ユーザー車検代行を利用するメリットは、やはり格安の料金でしょう。ユーザー車検代行では業者に支払う代行手数料と重量税や自賠責保険料などの諸費用のみです。運輸支局にクルマを持ち込んでもらって車検を受けるわけですから、ディーラーや整備工場などの車検に比べて作業が早いのもメリットです。運輸支局の混み具合いにもよりますが、通常は半日もあれば車検が取得できます。

 

デメリット

ユーザー車検代行を利用するデメリットは、代行車検があくまでも車検の取得を代行するだけということです。つまり、車検そのものは現在のクルマの状態が保安基準にてきごうしていれば合格するということです。したがって、次回車検までのクルマの安全性を保証するものではないのです。極端なことを言えば、車検を取った帰り道でクルマにトラブルが発生しても代行業者は何の保証もしてくれません。全てがユーザーの責任となります。道路運送車両法では、クルマのユーザーに定期点検を義務付けています。車検を受ける前でも後でも構いませんが、罰則はないとはいえ点検を受けなければなりません。最近はクルマの信頼性も高くなって初回車検ならユーザー車検代行でもデメリットは少ないかもしれませんが、そのあとの車検では安全性を考慮してしっかりと整備をしたほうがいいでしょう。なお、代行車検でも別料金で点検を行ってくれる業者もあるようです。

Comments are closed.

車検か?買い替えか?
<3年目までなら高く売れる!>

まだ新しく査定額が高い初回車検の時期に、新車に買い替える方も多くいます。

査定額は新車購入から3年を過ぎると急激に安くなる傾向があるので、3年目の初回車検まえに買い替える人も多いです。

参考までに無料のネット査定で現在の査定額を調べるのも、良いかもしれません。

       ↓ ↓ ↓

コンテンツ一覧
カテゴリー
  • カテゴリーなし