1万キロ未満

初回車検時の走行距離が1万キロ未満であれば、ほとんど新車状態だといっていいでしょう。この状態であれば車検時に消耗部品の取り換えの必要もないでしょう。ユーザー車検や代行車検などでも全く問題がないレベルです。ただし、エンジンオイルやブレーキフルードなどの油脂類は、走行距離には関係なく劣化を起こします。余計なトラブルをふせぐため車検時に交換しておけば安心ですね。走行距離が少なくても安全のためには定期点検を受けることをおすすめします。

 

1~3万キロ

初回車検時の走行距離が1~3万キロの場合は、ほとんど消耗部品に劣化などは見られないでしょう。ただし、車種によっては3万キロ以内にブレーキパッドの交換が必要になることがあります。もちろん使用方法によっても異なりますが、次の車検まで持たないようなら交換しておけば安心です。また、エンジンルームに熱がこもりやすい一部の車種では、ファンベルトの劣化が早く進むことがあります。3万キロ程度で交換が必要になる場合もあります。また、油脂類は走行距離に関係なく劣化が進んでいます。メーカーも走行距離以外に定期的に交換することを推奨しています。普段のメンテナンスがめんどうな方は車検時に交換しておくと安心ですね。

Comments are closed.

車検か?買い替えか?
<3年目までなら高く売れる!>

まだ新しく査定額が高い初回車検の時期に、新車に買い替える方も多くいます。

査定額は新車購入から3年を過ぎると急激に安くなる傾向があるので、3年目の初回車検まえに買い替える人も多いです。

参考までに無料のネット査定で現在の査定額を調べるのも、良いかもしれません。

       ↓ ↓ ↓

コンテンツ一覧
カテゴリー
  • カテゴリーなし