車検は有効期間満了日の1か月前から受けられる!

車検は有効期間が終わる日の1か月前から受けることとが可能で、必ず有効期間の満了日までに受けなければなりません。
 フロントガラス上部のステッカーや車検証の「有効期間の満了する日」の欄に記載されています。

車検の有効期限はここでチェック!

フロントガラス上部の中央上もしくは左上に貼られた車検ステッカーで車検の有効期限を確認

フロントガラス上部の中央上もしくは左上に貼られた車検ステッカーで車検の有効期限を確認

車検証の「有効期間の満了する日」にて確認

車検証の「有効期間の満了する日」にて車検の有効期限を確認



注意:車検の有効期限を過ぎたら、絶対に運転したらダメ!

 もしも、万が一、上記で確認した有効期限が既に過ぎてしまっている場合には、そのクルマは一切運転してはいけません。早急に車検店に連絡ましょう。車検店では、仮ナンバーを取得して許可を得ることで車検が切れた車を移動のために運転することが出来ます。
 車検の有効期限が切れた車を運転すると、取締りの対象となり免停などかなり厳重な罰があるほか、事故などを起こしても自賠責保険も任意保険も一切利用出来ず無効となってしまいます。
 
次ページ>>初回車検の費用を安く抑えるには
 

新車購入後の初回車検までの期間について

普通も軽も自家用なら、
乗用は3年 (5・3ナンバー)
貨物は2年 (4・1ナンバー)

一般家庭の人を載せるための乗用自動車(5ナンバー・3ナンバー)ならば、車検の有効期間は3年です。仕事などで使う多くの荷物が積める貨物自動車(4ナンバー・1ナンバー)は2年です。

自家用乗用自動車
自家用軽乗用自動車
3年 ← 普通の乗用車
自家用貨物自動車
自家用軽貨物自動車
事業用軽貨物自動車
 
2年
事業用貨物自動車 1年

初回車検までの期間は、車種や使用の用途などによって決められています。初回車検までの期間は、通常の車検の間隔より長く設定されているクルマもあります。これは、初回車検だけの特典です。ただし、営業用のクルマは通常の車検期間と同じです。

 
次ページ>>初回車検の費用を安く抑えるには
 

参考ページ:「車検費用の見積もり比較とは」・・・車検費用の最安値を探す方法

 
 
 

自家用乗用自動車 初回車検期間 3年

自家用乗用自動車とは、5または3ナンバーのクルマのことです。自家用乗用自動車の初回車検までの期間は3年です。ちなみにこれは乗車定員が11人未満のクルマですが、乗車定員11以上では2ナンバーとなります。この場合の初回車検までの期間は1年です。

自家用貨物自動車 初回車検期間 2年

自家用貨物自動車とは、白色で4または1ナンバーのクルマのことです。自家用貨物自動車の初回車検までの期間は2年です。

事業用貨物自動車 初回車検期間 1年

事業用貨物自動車とは、緑色で4または1ナンバーのクルマのことです。事業用貨物自動車の初回車検までの期間は1年です。

自家用軽乗用自動車 初回車検期間 3年

自家用軽乗用自動車とは、50または580ナンバーのクルマのことです。自家用軽乗用自動車の初回車検までの期間は3年です。

自家用軽貨物自動車 初回車検期間 2年

自家用軽貨物自動車とは、40または480ナンバーの車のことです。自家用軽貨物自動車の初回車検までの期間は2年です。

事業用軽貨物自動車 初回車検期間 2年

事業用軽貨物自動車とは、黒色で40または480ナンバーのクルマのことです。事業用軽貨物自動車の初回車検までの期間は2年です。

Comments are closed.

車検か?買い替えか?
<3年目までなら高く売れる!>

まだ新しく査定額が高い初回車検の時期に、新車に買い替える方も多くいます。

査定額は新車購入から3年を過ぎると急激に安くなる傾向があるので、3年目の初回車検まえに買い替える人も多いです。

参考までに無料のネット査定で現在の査定額を調べるのも、良いかもしれません。

       ↓ ↓ ↓

コンテンツ一覧
カテゴリー
  • カテゴリーなし