初回車検に必要な書類

初回車検を受けるためには必要な書類がいくつかあります。これらの書類に不備や不足があれば車検を受けることができませんので注意が必要です。初回車検に必要なのは「車検証」「自賠責保険証明書」「自動車税納税証明書」です。

 

車検証

車検証が無ければ当然車検は受けられません。車検証はクルマに載せておくものですから紛失する可能性は低いと思いますが、万一紛失してしまった場合は早めに再発行の手続きをしておきましょう。

 

自賠責保険証明書

自賠責保険証明書は新旧の2枚必要です。通常、整備工場などで車検を受ける場合には新しい自賠責保険証明書は整備工場で用意してもらえます。したがって、用意するのは旧の自賠責保険証明書です。自賠責保険証明書はクルマに載せておくものですから、紛失の可能性は低いと思いますが、万一紛失してしまった場合には早めに再発行の手続きをしましょう。

 

自動車税納税証明書

毎年、使用の本拠地の都道府県に収めている自動車税の証明書です。税金を納めたからといって安心せず車検まで大切に保管しておきましょう。なお、自動車税納税証明書は紛失した場合でも運輸支局で納税してあることを確認できますから、車検は受けられます。ただし、納税してから1週間程度は運輸支局では確認できないこともあります。また、使用の本拠地以外の都道府県で車検を受ける場合には、運輸支局では確認ができませんので自動車税納税証明書が必ず必要となります。

Comments are closed.

車検か?買い替えか?
<3年目までなら高く売れる!>

まだ新しく査定額が高い初回車検の時期に、新車に買い替える方も多くいます。

査定額は新車購入から3年を過ぎると急激に安くなる傾向があるので、3年目の初回車検まえに買い替える人も多いです。

参考までに無料のネット査定で現在の査定額を調べるのも、良いかもしれません。

       ↓ ↓ ↓

コンテンツ一覧
カテゴリー
  • カテゴリーなし