初回車検時のエンジンオイルについて

初回車検時にはエンジンオイルの点検をしますが、エンジンオイルの量が適量であれば車検には合格できます。エンジンオイルが汚れているかどうかは車検の合否には関係ないのです。しかしながら、エンジンオイルが汚れているとエンジンにはよくありません。エンジンオイルが汚れたままで使用を続けた場合、エンジン内部の油路を詰まらせる原因となります。油路が詰まるとエンジンオイルが行きわたらないため、最悪の場合にはエンジンは焼き付きを起こしてしまいます。エンジンオイルが汚れている場合には、車検のついでに交換しておけば安心です。なお、エンジンオイルは走行しなくても徐々に酸化して劣化します。走行距離が少ない場合でも定期的な交換をおすすめします。

 

初回車検時のオイルフィルターについて

オイルフィルターは、エンジンオイル内の汚れや異物を取り除く役目をしています。したがって、使用とともに汚れていきますから定期的な交換が必要となります。オイルフィルターを交換せずに使用を続けた場合フィルター内部が目詰まりを起こし、エンジンオイルはオイルフィルターをバイパスして循環します。こうなるとエンジンオイルの汚れや異物がエンジン内部を循環してしまいます。もちろん、オイルフィルターの交換をしていなくても車検の合否とは関係ありません。しかしながら、初回車検時に交換時期を過ぎている場合にはオイルフィルターを交換しておけば安心です。

Comments are closed.

車検か?買い替えか?
<3年目までなら高く売れる!>

まだ新しく査定額が高い初回車検の時期に、新車に買い替える方も多くいます。

査定額は新車購入から3年を過ぎると急激に安くなる傾向があるので、3年目の初回車検まえに買い替える人も多いです。

参考までに無料のネット査定で現在の査定額を調べるのも、良いかもしれません。

       ↓ ↓ ↓

コンテンツ一覧
カテゴリー
  • カテゴリーなし