初回車検時のATFについて

メーカーはATFの交換時期を明確にしていません。一部の車種については10万キロごとの交換を推奨していますが、他の車種は交換の必要がないようです。しかしながら、使用していればATFだって劣化をしますし、汚れるのです。ATFも交換したほうが良いのです。ただし、オートマチックトランスミッションの構造上、ATFを全量交換することはできません。一度に交換できるのは全量の半分程度です。そのため、ATFを交換すると古いオイルと新しいオイルが交じり合います。ATFがきれいになるとオイルの流れが良くなります。しかし、その分だけ残った汚れを隅々まで行きわたらせてしまいます。そのため、オートマチックトランスミッション内の油路を詰まらせてしまうことがあります。特に、過走行車のATFを初めて交換した場合は走行不能などのトラブルが発生する可能性があります。したがって、初回車検時の走行距離が少ない時期に交換しておけば安心です。

 

初回車検時のパワステフルードについて

パワステフルードの交換を意識しているユーザーは少ないでしょう。実際メーカーは交換時期を制定していません。むしろ、交換の必要がないという見解です。しかしながら、パワステフルードも使用とともに汚れます。汚れたオイルが循環していれば故障の原因となるのです。ただし、パワステフルードの交換作業は結構大変です。走行距離が多くなければ初回車検時の交換は必要がないでしょう。

Comments are closed.

車検か?買い替えか?
<3年目までなら高く売れる!>

まだ新しく査定額が高い初回車検の時期に、新車に買い替える方も多くいます。

査定額は新車購入から3年を過ぎると急激に安くなる傾向があるので、3年目の初回車検まえに買い替える人も多いです。

参考までに無料のネット査定で現在の査定額を調べるのも、良いかもしれません。

       ↓ ↓ ↓

コンテンツ一覧
カテゴリー
  • カテゴリーなし