車種ごとの傾向を知ろう

初回車検では、車種別に交換が必要な部品などに傾向があります。これは、メーカーの設計や製造における影響の割合も大きいのですが、車種ごとのユーザーの年齢層や使用方法によるところも大きな原因となります。自分のクルマはどこが弱いのかを知っておいても損はないでしょう。

 

使用方法による初回車検の傾向

営業車として使用されることが多い車種は、初回車検時の走行距離が多くなる傾向があります。走行距離が多いために消耗部品の交換が必要になる可能性が高くなります。それに反して、奥様のお買いものに使われることが多い車種は、初回車検時の走行距離が少ない傾向があります。走行距離は少ないのですが、街乗りが多く一回の走行距離が短いので、ブレーキパッドの摩耗が進行している可能性が高くなります。

 

メーカーの設計による初回車検の傾向

ブレーキに対して車両重量が大きい車種や、柔らかい材質のブレーキパッドを使用している車種は、ブレーキパッドの消耗が大きい傾向があります。なかには、走行距離がそれほど多くないのに初回車検時にブレーキパッドの交換が必要な車種もあります。また、車両重量の配分が悪いのか材質が悪いのかは不明ですが、タイヤの摩耗が大きい車種もあります。その多くは編摩耗をしていますが、摩耗状態によっては交換が必要な場合もあります。他にもベルトに亀裂が入りやすい傾向がある車種や、ショックアブソーバからオイルが漏れやすい傾向がある車種があります。

Comments are closed.

車検か?買い替えか?
<3年目までなら高く売れる!>

まだ新しく査定額が高い初回車検の時期に、新車に買い替える方も多くいます。

査定額は新車購入から3年を過ぎると急激に安くなる傾向があるので、3年目の初回車検まえに買い替える人も多いです。

参考までに無料のネット査定で現在の査定額を調べるのも、良いかもしれません。

       ↓ ↓ ↓

コンテンツ一覧
カテゴリー
  • カテゴリーなし