ポルテはブレーキパッドの摩耗が早い

ポルテは初回車検時にブレーキパッドの残量が少ない傾向があります。これは、スライドドアの採用による車両重量の増加が一因かもしれません。同じブレーキなら車両重量が大きいクルマの方が、止まるのに大きな力が必要になるため、ブレーキパッドの摩耗が大きくなります。また、ユーザーに小さい子供を持つ奥様が多いことも要因ではないでしょうか。一概には言えませんが、ポルテのユーザーの多くは街乗りをメインに使用しています。特に、子供の送り迎えやお買いものなどの近所を行き来するのに使用しているようです。このような使われ方をすれば、ブレーキを踏む回数も時間も増えるために、ブレーキパッドの摩耗が早くなります。したがってポルテの場合、初回車検時の走行距離が3万キロ程度でもブレーキパッドの交換が必要なことがあります。

 

ポルテのファンベルトは弱い?

ポルテのファンベルトは亀裂が入りやすく、初回車検時に交換が必要になることが多い傾向があります。これは、ベルトの取り回しが原因なのかエンジンルームにこもる熱が原因なのかベルトの材質が原因なのかはわかりませんが、他車種に比べベルトの寿命は短いように感じます。また、亀裂までいかなくてもベルト鳴きを起こしやすい傾向もあります。なお、これらは1300cc搭載車でも1500cc搭載車でも共通の傾向です。

Comments are closed.

車検か?買い替えか?
<3年目までなら高く売れる!>

まだ新しく査定額が高い初回車検の時期に、新車に買い替える方も多くいます。

査定額は新車購入から3年を過ぎると急激に安くなる傾向があるので、3年目の初回車検まえに買い替える人も多いです。

参考までに無料のネット査定で現在の査定額を調べるのも、良いかもしれません。

       ↓ ↓ ↓

コンテンツ一覧
カテゴリー
  • カテゴリーなし